トレーニング前の食事を制し、トレーニングの質を向上させる方法!

今回は、トレーニング前の食事について掘り下げていきましょう!

 

「トレーニングを頑張っているのに、中々身体が変わらない・・・」

「ジムに来てもあまりやる気にならない・・・」

と感じている方いませんか?

 

そういったお悩みは、トレーニング前の食事が影響しているのかもしれません。

 

身体の調子を高めて良いトレーニングをするためには、食事がとっても大切!

 

では、どのような食事をすれば、トレーニングの質を高めることができるのでしょうか。

 

トレーニング前の食事を制してトレーニングの質を高める方法をご紹介します。

トレーニング2〜3時間前には固形物を!

トレーニング2〜3時間前に、エネルギー源となる固形物の炭水化物を意識して摂るようにしましょう。

 

固形物は、摂取してから吸収されるまでに2〜3時間かかります。

 

なかなか食事をする時間を確保するのが難しい方は、トレーニング1時間前に、ウィダーゼリーや果物を摂るようにしましょう。

トレーニング30分前・直前には、ラムネやEAAを!

トレーニング30分前には、お菓子のラムネがオススメ!

 

ラムネ?!と驚いた方もいると思います。

 

糖質がエネルギーになるには、分解してブドウ糖にする必要があるのですが、ラムネはその時間が必要ないため、吸収が早いのです。

 

また、EAAをトレーニング前に飲むのもオススメです!

 

EAAは、タンパク質をアミノ酸に分解したものです。

 

吸収が早く、トレーニング前に飲むことをオススメします。

 

EAAには、トレーニング中に摂取すると、エネルギー不足や筋分解を防ぐ役割もあるため、トレーニング中のドリンクとしてもオススメです。

 

トレーニング時のエネルギー源は、主に炭水化物です。

 

空腹状態=エネルギー源ゼロということ!

 

ガス欠のまま車も走ることはできません。

 

ですから、トレーニング前には、必ずエネルギー源となるを炭水化物を摂取してあげましょうね!

 

すでにご存知の方も多いかと思いますが、空腹状態ではトレーニングをしてはいけません!

 

筋肉を分解してエネルギーとして使ってしまうだけでなく、エネルギー不足で倒れてそのまま救急車に運ばれてしまう・・・

 

などの危険性が高まります。

 

トレーニング前に適切な栄養補給をして、トレーニングの質を高めていきましょう!

おすすめの記事