ストレッチはいつやれば良いのか?種類と効果を解説!
「ストレッチは運動前と後、どちらに取り組めば良いのか?」   という疑問にお答えしていきます!   結論、ストレッチは運動前後で両方必要です。   それでは、運動前と後では、どのようなストレッチをすれば良いのでしょう?   ストレッチの種類についてご紹介していきます。

ストレッチの種類

動的ストレッチ

ストレッチにはいくつか種類があります。

その一つが動的ストレッチと言って、スキップやラジオ体操のような動きのあるストレッチです。

お風呂で身体を温めるよりも、動的ストレッチの方が身体が温まるとも言われているんですよ! その為、怪我防止の意味でも運動前に適しています。 ただし、身体(筋)が硬い部分はストレッチポールなどを使用したストレッチを先に行いましょう。 関節可動域が広がり、トレーニング効果が上がります!

静的ストレッチ

静的ストレッチは、体を同じ方向に20秒~30秒停止して行うストレッチをいいます。

伸ばしている筋肉を意識して、呼吸は止めない! 身体が硬い方は、呼吸を止めがち!大きく呼吸するように心がけましょう! 静的ストレッチは、トレーニング後の筋肉の痛みを軽減する効果があるため運動後に適しています。 また静的ストレッチには、リラックス効果や血流促進効果もあるので、運動後だけではなく、寝る前に行うことでむくみ解消や睡眠の質が高まったりもしますよ! ストレッチは、正しいタイミングで行うことでそれぞれの効果を高めることができます。 ぜひ取り入れてみて下さいね。
おすすめの記事